SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

未来の会

【是々非々㊳】 内部告発には迅速な対応が必要

【是々非々㊳】 内部告発には迅速な対応が必要
「院内での内部通報制度の見直し」

静岡県裾野市の園児が虐待を受け、3人の保育士が逮捕された。半年程前に、園は虐待について内部通報を受けていたと言う。

弊社への内部告発は「集中格付」の開始で一気に増えた。

弊社は今年9月から「集中格付・大学医学部版」を開始した。防衛医大を除く81大学医学部の情報を収集し、格付をして公表するというものだ。何故、防衛医大を格付しないのかの問い合わせが複数あるので、ここで説明をしたいと思うが、防衛医大を除外した理由は、監督官庁から、その情報の一部は国家機密に相当するとの話を受けた事に有る。やはり、防衛医大の情報が開示されると国益に反するという理由は、このご時世、至極最もだと弊社の判断で除外した。

この格付が始まり、実に多くの内部告発が届く。ここで告発例を2つ挙げる。1つは某大学医学部教授の法令違反とも受け取れる行為について。この告発者は文科省へも告発をしているが、文科省が実に丁寧に告発者とやり取りをしている事に驚く。

やはり内部告発制度があるために、このような丁寧な対応をしているに違いない。逆にもっと驚く事は、文科省からの指摘を受けた大学の対応が非常に緩い事だ。もう1つは、某大学医学部教授からの告発で、ある教授のアカデミックハラスメントついてだ。部下の作成した論文を全て自分の手によるものとして発表しているとあり、ご丁寧に論文作成者の抗議文も添付されている。このケースでは、教授へは一切、アカハラについて抗議をしていないという事に驚いた。

日本では、内部告発は組織への裏切りととられる面が強く、同時に企業の内部情報を漏洩したとして懲戒処分の対象になる恐れもあった。一方、海外で1989年に米国では「Whistleblower Protection Act(内部告発者保護法)」が、英国では「Public Interest Disclosure Act(公益情報開示法)」が制定されている。日本は対応の遅れを海外から批判されていたが、2004年に海外の法律を参考にして出来上がった「公益通報者保護法」が成立し、告発者の保護が可能になった。当然ながら保護される条件としては「真実性・真実相当性」「目的の公益性」「正当性」が求められている。また「クリーンハンズの原則(自分の手がきれいでないと、法の保護は受けられないという原則)」も求められる。

園児虐待の内部通報への対応が出来ていたとしたら、逮捕者を出す事無く、穏便な解決が出来ていたのではないか。「内部告発への対応はトップ案件」とする内部規定があれば中間管理職が苦心・苦慮をする事は無くなる。消火活動は早いが一番だ。

 皆様からの情報をお待ちしております。>>>  info@zezehihi.shuchu.jp 


【「集中」の是々非々 ① 】「大日本印刷北島社長の引責辞任」
【「集中」の是々非々 ② 】「悪辣な看護師派遣ビジネスで重い医療法人の財務負担」
【「集中」の是々非々 ③ 】「日本大学田中理事長体制を守ってきた責任は文部科学省にある!」
【「集中」の是々非々 ④ 】「東京にタクシーがいない・東京オリンピックにむけて大丈夫?」
【「集中」の是々非々 ⑤ 】「大日本印刷北島社長の引責辞任(2)」
【「集中」の是々非々 ⑥ 】「企業検診の義務化と予防医学を目指す」
【「集中」の是々非々 ⑦ 】 「新型コロナウイルス対策」
【「集中」の是々非々 ⑧ 】NIPT(出生前遺伝学的検査)は知る権利の一つだ」
【「集中」の是々非々 ⑨ 】「地に落ちた権威・WHO」
【「集中」の是々非々 ⑩ 】「世界が疑う日本発の情報」

【「集中」の是々非々 ⑪ 】「新総裁候補に期待すること」
【「集中」の是々非々 ⑫ 】「ファンド資金が医療法人に流入」
【「集中」の是々非々 ⑬ 】「替わらない厚労省と変われない医師」
【「集中」の是々非々 ⑭ 】「オンライン診療の導入を」
【「集中」の是々非々 ⑮ 】「日本初の医療格付がスタート」
【「集中」の是々非々 ⑯ 】「日本薬剤師連盟が頭を抱える松本純議員の行状」
【「集中」の是々非々 ⑰】「米国医師はカルテと処方箋の記載に全精力を傾ける」

【「集中」の是々非々 ⑱】「米国史上で最悪の医薬事件の顛末」
【「集中」の是々非々 ⑲】「新型コロナ感染拡大の中で見る国家力」
【「集中」の是々非々 ⑳】「尾身発言は立派の一語」
【「集中」の是々非々 ㉑】「大学医学部の2023年問題」
【「集中」の是々非々 ㉒】「日本の大学総長選挙が海外で注目に」
【「集中」の是々非々 ㉓】「研究費を自ら集めまくる海外一流大学」
【「集中」の是々非々 ㉔】「病院は不正企業の稼ぎ場なのか」
【「集中」の是々非々 ㉕】「オリンパスの漏洩事件が医療期間へ波及する?」
【「集中」の是々非々 ㉖】「海外メディアが配信する日本大学理事長逮捕の衝撃」
【「集中」の是々非々 ㉗】「コロナ幽霊病棟補助金の話題が拡散中」
【「集中」の是々非々 ㉘】「小野薬品オプジーボ訴訟から見えた日本の現状」
【「集中」の是々非々 ㉙】「当事者になって見えたもの」
【「集中」の是々非々 ㉚】「ジェンダー平等は時代の趨勢」
【「集中」の是々非々 ㉛】「医療ツーリズムは国際間競争に発展」
【「集中」の是々非々 ㉜】「岸田首相の考える健康危機管理庁(仮称)構想」
【「集中」の是々非々 ㉝】「米連邦最高裁判所で中絶NOの判決」

「集中」の是々非々 ㉞「東京電力13兆円賠償判決は医療賠償に影響」
【「集中」の是々非々 ㉟】「東京工業大学と日本医科歯科大学の統合協議開始」
【「集中」の是々非々 ㊱】「コンサル会社にご用心」
【「集中」の是々非々 ㊲】「上辺だけのサービスにはご用心」 
【「集中」の是々非々 ㊳】内部告発には迅速な対応が必要

Return Top
Translate »