SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

未来の会

【「集中」CEOの是々非々 ① 】

【「集中」CEOの是々非々 ①  】

「大日本印刷北島社長の引責辞任」

「びっくり仰天!怒れ!株主!」

 『大日本印刷の北島義俊社長が辞任を5月11日に発表した。これは建材事業における900億円を超える巨額の特別損失を計上した事による引責辞任だ。創業家でもない北島義俊社長による39年の長期社長在任も異常の一語だ。印刷業界の閉鎖性を物語る事でもあり、印刷業界の発展を妨げるものだ。

 大日本印刷は一般の方が想像する以上に本当に幅広い事業を展開する。印刷の原点にあるミクロ技術から様々な事業を行うスーパー会社であり、印刷技術を応用した建材印刷も大きな売上を計上している。高層ビルのエレベーターや床、壁紙などの多くは様々な模様に印刷をされた印刷物であり、これらの多くは大日本印刷の建材事業による製品だ。しかし、カーテンで有名な「サンゲツ」から販売されたこの建材事業の壁紙の多くに製品不良があり、この数年で家庭に納品された壁紙を取替るなどの作業に追われた。その経費が積もり積もって900億円を超す巨額の特別損失を計上する羽目になった。

 しかし、驚くことに大日本印刷はこの事件を公表する事なく、クレームが届いたケースだけの取替を行うことを決め、内装業者へ通知したが、これに納得出来ない内装業者が自ら、納品した家庭に連絡をし、不良品の交換を申し出てしていった。ある家庭では内装業者からの突然の連絡で初めて不良品が使用されている事を知ったと怒る。この家庭では壁紙取替に一週間ほどホテル住まいをしなければならなかったと話すが、当然ながらその経費は大日本印刷の負担となった事は言うまでもない。

 謝罪費や取替などの経費が積み重なり900億円を超える特別損失になった。株主にとって寝耳に水のこの特別損失で保有する株式の価値は毀損し、挙げ句、期待されていた高配当も消えた。その張本人が日本人最高年俸の9億円を得ていた。それを考えると怒りが湧いて来ると言うものだ。今後、この問題が火を吹く。新社長の心の中は揺れ動く。

(大日本印刷の動向報告は今後も続けて参ります)

 皆様からの情報をお待ちしております。>>>  info@zezehihi.shuchu.jp 


【「集中」CEOの是々非々 ② 】「悪辣な看護師派遣ビジネスで重い医療法人の財務負担」
【「集中」CEOの是々非々 ③ 】「日本大学田中理事長体制を守ってきた責任は文部科学省にある!」
【「集中」CEOの是々非々 ④ 】「東京にタクシーがいない・・・東京オリンピックにむけて大丈夫?」
【「集中」CEOの是々非々 ⑤ 】「大日本印刷北島社長の引責辞任(2)」

(最終更新:2018-07-04)
Return Top