SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

未来の会

【「集中」CEOの是々非々 ② 】

【「集中」CEOの是々非々 ②  】

「悪辣な看護師派遣ビジネスで
   重い医療法人の財務負担」

医療界を愚弄する大手派遣会社と裏切り医師や看護師の存在

 先週、弊社に大手人材派遣会社の系列会社の営業マンがやって来た。用件は医療法人の幹部を紹介して欲しいと言う。医師や看護師の派遣を巡っては医療界全体で問題となっているので、根掘り葉掘り情報を聞き出すとやはり不透明な派遣もやっているようだった。

 医療関係者の皆さんはその手口は良くご存知と思うが、医師や看護師を募集し人材登録をさせ、医師や看護師不足の医療法人へ紹介をし、医療法人から年俸の20~25%に当たる紹介手数料を受け取る。派遣された医師や看護師がきちんと契約通りに働いてくれれば医療法人にとっても有り難い話だが、紹介された医師や看護師は半年を過ぎた頃に皆、一様に「一身上の理由」にて退職を申し出てくる。一生懸命に引き止めても彼らは退職の意思を変えること無い。

それもそのはず、彼らは人材派遣会社との契約で半年が過ぎた頃に次なる医療法人へ転籍をすることが既に決まっているからだ。派遣会社は新しい医療法人へ紹介する事で新たな紹介手数料を受け取る。この紹介手数料は派遣された医師や看護師にも分配される。このような医師や看護師は派遣会社の紹介手数料を取るための道具となり、医療法人に対する裏切り行為を重ねて行く。

 この営業マンと話していて、今から数年前の話を思い出した。筆者は営業マンの親会社である大手派遣会社が所有する西麻布の迎賓館のディナーに招待を受けた事がある。立派な迎賓館に驚いたが、カルテットの演奏が迎えてくれたのには、もっと驚いた。

このディナーには他に数人のゲストがいたが、皆、旧知の仲のように親しく会話を交わしていた。私にとっては初めての経験であり、その場の空気に馴染むのに時間を要したが、彼らは勝手知ったる‥‥まさに慣れたものだった。名刺交換をしてまたまた驚いた。「財務省大臣官房‥‥審議官」「国土交通省 大臣官房‥‥審議官」「消防庁審議官」「外務省‥‥局 首席事務官」など、皆、超エリート官僚だった。エリート官僚を取り込み、医療における人材派遣法の脆弱化などを要請していたのかなと、ふっと頭をよぎった。

【参考記事/PDFでご覧いただけます。】
「集中」2013年12月号「業者と登録位が結託した「医師紹介ビジネス」の悪辣」
「集中」2014年7月号「詐欺まがいの「医療紹介ビジネス」が横行」


【「集中」CEOの是々非々 ① 】「大日本印刷北島社長の引責辞任」
【「集中」CEOの是々非々 ③ 】
「日本大学田中理事長体制を守ってきた責任は文部科学省にある!」
【「集中」CEOの是々非々 ④ 】「東京にタクシーがいない・・・東京オリンピックにむけて大丈夫?」
【「集中」CEOの是々非々 ⑤ 】「大日本印刷北島社長の引責辞任(2)」

(最終更新:2018-07-04)
Return Top