SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

未来の会

【「集中」の是々非々⑳】

【「集中」の是々非々⑳】

「尾身発言は立派の一語」

賛否両論は大事な事です】 

6月9日の朝に新型コロナ感染症対策分科会尾身茂会長の携帯を鳴らした。最近の尾身発言の真意を確認するためだ。多くの報道で最近の尾身氏の発言が取り上げられているが、これまでの発言に比べ、明らかに変わって来ていると感じたからだ。尾身氏は招致された衆院厚生労働委員会で「今の状況で五輪をやるのは、普通ではない。パンデミックの状況下でやるのであれば、オーガナイザーの責任として開催規模を出来るだけ小さく、管理態勢を出来る限り強化する事が義務だと思う。そもそも、この状況下で一体,何のためにやるのか?その目的を明確にする事が重要だ」と発言した。委員会に出席した議員はその発言に驚き、一瞬、周りを見回してしまったと笑いながら話していた。一連の発言をメディアは大きく取り上げ、賛否両論が巻き起こる。筆者は100対ゼロではなく賛否両論が起きる事が重要だと考えるのでこの発言を評価したい。

そこで、尾身氏の発言の真意を確認するために二つの質問をした。この発言は誰かから要請があったのか?この発言を巡り政府や五輪組織員会からプレッシャーは届いているか?と。

尾身氏は「この発言は全て自分の言葉だ。自分は国会と言う最高の場に呼ばれ、質問を受けたので、自分の言葉でしっかりと回答した。また、この件で、政府等々から何かを言われた事は全くないが、新聞等々で批判がある事は承知している」と話す。国会と言う非常に特殊な場所で、立場を背負い自分の意見を明確に言う事の難しさを知っているだけに、今回の尾身氏の発言は忖度が流行る世の中で勇気ある素晴らしい発言だと思う。同時に、尾身氏に発言について尾身氏に政治家からの苦言がないことも素晴らしいと思う。

それぞれの立場で立場の考えを示し、それらを踏まえて最高責任者が決断を下す。政治が白熱した議論を行っていた活気の有った時代に戻ったようだ。

この発言で思い出す事が有る。今回とは真逆の話だ。安倍前総理がPCR検査数を増やすように指示しても動かない厚労省の技官に激怒した事があった。この時、技官は総理の前では「承知した」と言いながらも厚労省に戻ると厚労省の持論を維持した。その根拠を質問した筆者に技官は「PCR検査数は現状のままで何の問題もない」とホワイトボードに詳細を書いて説明した。「この考えが厚労省の考えで有れば、それを安倍総理にきちんと述べ、判断を仰ぐべきが役所の立場ではないか」と伝えたが、PCR検査数が増えない問題は、検査が出来る出来ないではなく、この数字で大丈夫と言う厚労省の信念だった。

以前、尾身氏はこのコロナ禍でも、若い人たちに自粛を求める政府の発信情報が届いていない事にショックを受けていたが、今回の明確なメッセージはメディアも大きく取り上げ、賛否両論が巻き起こっている。若者にもメッセージは確実に届きました。


【「集中」の是々非々 ① 】「大日本印刷北島社長の引責辞任」
【「集中」の是々非々 ② 】「悪辣な看護師派遣ビジネスで重い医療法人の財務負担」
【「集中」の是々非々 ③ 】「日本大学田中理事長体制を守ってきた責任は文部科学省にある!」
【「集中」の是々非々 ④ 】「東京にタクシーがいない・東京オリンピックにむけて大丈夫?」
【「集中」の是々非々 ⑤ 】「大日本印刷北島社長の引責辞任(2)」
【「集中」の是々非々 ⑥ 】「企業検診の義務化と予防医学を目指す」
【「集中」の是々非々 ⑦ 】 「新型コロナウイルス対策」
【「集中」の是々非々 ⑧ 】NIPT(出生前遺伝学的検査)は知る権利の一つだ」
【「集中」の是々非々 ⑨ 】「地に落ちた権威・WHO」
【「集中」の是々非々 ⑩ 】「世界が疑う日本発の情報」

【「集中」の是々非々 ⑪ 】「新総裁候補に期待すること」
【「集中」の是々非々 ⑫ 】「ファンド資金が医療法人に流入」
【「集中」の是々非々 ⑬ 】「替わらない厚労省と変われない医師」
【「集中」の是々非々 ⑭ 】「オンライン診療の導入を」
【「集中」の是々非々 ⑮ 】「日本初の医療格付がスタート」
【「集中」の是々非々 ⑯ 】「日本薬剤師連盟が頭を抱える松本純議員の行状」
【「集中」の是々非々 ⑰】「米国医師はカルテと処方箋の記載に全精力を傾ける」

【「集中」の是々非々 ⑱】「米国史上で最悪の医薬事件の顛末」
【「集中」の是々非々 ⑲】「新型コロナ感染拡大の中で見る国家力」

Return Top