SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

未来の会

【「集中」の是々非々 ⑪ 】

【「集中」の是々非々 ⑪ 】

「新総裁候補へ期待する事」           

「オンライン診療・遠隔医療が当たり前の時代に」

いつも不思議に思っていた。「安倍一強」の言葉はどこから来るのかと。メディアはことある事に「安倍一強」の言葉を使う。しかし、平時は兎も角も、コロナウイルスの蔓延した有事に本当の姿が現れた。「安倍一強」はいなかった。

一強の主が「PCR検査の数を増やす」と国民に約束した。「一日2万件の検査が出来るようにします」と繰り返していた。覚えていると思います。でも、不思議なことに検査数は一向に増える事は無かった。一強の主は怒り心頭だったようで、強く指示を出し続けたにも関わらず増える事はなかった。実はこれ、一強の主の指示が実行に移されないほんの一例だ。一強の主の怒りを横目で見ながら、厚労省医系技官らはPCRの検査数について、専門家として増やす必要は無い、これで問題は無いとの考えで固まっていた。厚労省医系技官の考えは一強の主よりも強かった事になる。これなども安倍総理が体調を崩した一因でもある。一強、一強、あなたは凄いと言われ続けたら人間は誰でも変わる。しかし、総理大臣として一番肝心な時に自分の大事な指示が役所に届かない。増やせ増やせと言い続けても増える事がない現実を知った時の安倍総理自身の無力感。これは相当なダメージとなったに違いない。怒りは精神を病む。各新聞の首相の動向欄を見ているとたまに安倍総理と同じ新興宗教仲間と長時間一緒にいることが分かる。元々、ある新興宗教に熱心だった総理だ。総理の激務をこなすためには精神的な支えが必要だったに違いない。これから暫くはゆっくり休養して三度目の復活は無いにしても、世界のトップから初めて頼られた総理として「世界のシンゾー」の人脈を外交に発揮して頂きたい。新しい安倍外交には名誉総理大臣の肩書きがぴったりだ。

次期総理に望むことは国民が利益を得られていると実感出来る政治をして頂きたい。日本経済はこの20年間、停滞したままだ。世界GDPに占める割合も十数%あったはずが、今では6%でしかない。陸上競技の中長距離ランナーは自分の位置を把握しながら走るのが常識だが経済も同じだ。日本経済が周回遅れになりつつあるのが心配だ。約3500万人の高齢者が将来に不安を感じる日々では購買にもつながらない。

そのために三つの事をお願いしたい。一つ目は各省庁と官邸の関係修復だ。各省庁の幹部と好関係を築いて欲しい。官邸官僚と各省庁の官僚の関係が悪化し、官邸からの指示が無視される事の無いように各省庁の面々を大事にする事が重要だ。二つ目は有事の今、医療に大きな予算を付けて頂きたい。日本は既に膨大な借金を背負っているが、国難の今こそ数十兆円レベルの国債を発行し医療分野へ資金投下をして頂きたい。この程度の借金が増えても今の医療や経済が救くわれるとなれば安いものだ。三つ目は医療にITを取り入れて頂きたい。コロナで日本のITの遅れを痛感した。これは政治の問題だ。規制が強すぎた。超高齢社会の今、患者満足度を得るために一番必要なのは遠隔医療やオンライン診療だ。日本医師会は反対意見のようだが、患者目線で考えれば遠隔医療やオンライン診療導入は正論だ。世の中が明るい方に変わる。それを新総理に期待したい。

(2020年9月8日)


【「集中」の是々非々 ① 】「大日本印刷北島社長の引責辞任」
【「集中」の是々非々 ② 】「悪辣な看護師派遣ビジネスで重い医療法人の財務負担」
【「集中」の是々非々 ③ 】「日本大学田中理事長体制を守ってきた責任は文部科学省にある!」
【「集中」の是々非々 ④ 】「東京にタクシーがいない・東京オリンピックにむけて大丈夫?」
【「集中」の是々非々 ⑤ 】「大日本印刷北島社長の引責辞任(2)」
【「集中」の是々非々 ⑥ 】「企業検診の義務化と予防医学を目指す」
【「集中」の是々非々 ⑦ 】 「新型コロナウイルス対策」
【「集中」の是々非々 ⑧ 】NIPT(出生前遺伝学的検査)は知る権利の一つだ」
【「集中」の是々非々 ⑨ 】「地に落ちた権威・WHO」
【「集中」の是々非々 ⑩ 】「世界が疑う日本発の情報」

【「集中」の是々非々 ⑪ 】「新総裁候補に期待すること」

Return Top