SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

未来の会

丸橋全人歯科(群馬県高崎市)

丸橋全人歯科(群馬県高崎市)
「全人歯科医療」で海外からも集患
175 丸橋前人歯科(群馬県高崎市)

人口約37万5000人と群馬県最大の都市、高崎市。東京駅から新幹線で約50分のJR高崎駅から徒歩5分の場所にある丸橋全人歯科には、日本各地はもとより、米国や英国など海外からも患者が来る。中には、草津温泉に逗留しながら、治療を受ける患者もいるという。

 背景には、施設名の通り、全人歯科医療を行っていることがある。それは、食生活の改善や、身体バランスに影響する噛み合わせの調整などを重視する治療である。丸橋賢理事長は37年間「良い歯の会」を主宰して、顎や歯の問題は現代人の健康に深く関わる問題であることを啓発してきた。その実践の場が、2004年に開業した丸橋全人歯科なのだ。自由診療だが、同市内で開業している他の二つの系列歯科医院では保険診療を行っている。

 ゆったりした待合室には、治療に関するパネルなどを展示し、患者が理解を深められるようにしている。奥の受付カウンターでは、良い歯の会が薦める自然食品や、丸橋理事長らの書籍も販売している。

 オープンな診断室では、初診の患者に対し、肌のつや、姿勢、顔や顎の歪みなど検査。その結果を患者に十分説明した上で、治療方針を決めている。一方、治療室はパーテーションで仕切り、リラックスして治療を受けられるようにしている。また、矯正治療や小児治療に特化した治療室や、インプラントや造骨治療を行うオペ室も設けている。

 この他、カウンセリングルームでは、患者の悩みや相談事をじっくり聞き、検査や診断の結果や今後の治療方針について提案、説明している。また、骨密度計や位相差顕微鏡、自律神経測定装置、サーモグラフィーなどを設置している検査室を備え、治療に活かしている。

 大きな特徴の一つが技工室である。院内技工としては他院では類を見ないほど明るく広々としている。技工用デスクは最大14人分あり、ポーセレン(陶磁製の義歯)室や鋳造室、PCで補綴物を設計する設備なども完備。レーザー溶接機をはじめ高性能な各種機材も備え、丸橋全人歯科で要求されるハイレベルな技工物を製作できる環境が整っている。

 辻本仁志院長は「高度な歯科技術をベースに、患者さんの歯を治しながら、身体全体を健康にしていくという理念に向かって皆が動いている点が一般的な歯科治療と一番違います」と話す。今後も全人歯科医療を一層発展させていきたいという。

  • Slide image

     

  • Slide image
     
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top