SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

癒やしと安らぎの環境賞2017
厚労省ウォッチング

▼2016年
第99回  尻すぼみとなった「厚労省分割案」
第98回 「画期的な医療技術」をめぐりジレンマに悩む厚労省
第97回 待機児童問題が第二の年金記録問題となる悪夢
第96回 消費増税「再見送り」を警戒する厚労省
第95回 稲田小委員会」の出現に厚生族・厚労省が困惑
第94回 診療報酬改定「マイナス幅」を小さく見せたカラクリ
第93回 「患者の窓口負担増」と「保険適用の範囲縮小」は不可避

▼2015年
第92回 規制改革会議の思惑見え隠れする「患者申し出療養」
第91回 軽減税率をめぐる自公両党の攻防
第90回  道筋付かない後発薬「普及率80%」の達成
第89回  下降する内閣支持率をにらみ「最賃」に政治介
第88回  内閣人事局の顔色をうかがいながら仕事をする厚労官僚
第87回  年金情報流出事件で厚労族からも突き放された厚労省
第86回  労働関連法制で与野党全面対決の陰に見え隠れする「本音」
第85回  医薬分業への疑問の声に「安全」を掲げた反論は押され気味
第84回  財政再建を前に「絵にさえできない」社会保障費削減
第83回  昨夏の人事で「患者自己負担」の内容が様変わり
第82回  介護報酬15年度改定は「財務省の辛勝」
第81回  消費増税先送りで明暗が分かれた担当部局

▼2014年
第80回  15年度介護報酬改定で財務が的にかける「社福」
第79回 塩崎厚労相就任で「GPIF」めぐり政官の攻防本格化
第78回 「療養病床」事実上存続でも誤りは認めず
第77回 「大病院志向」の本質は「かかりつけ医不信」
第76回 混合診療活用の「成長戦略」に紛れ込む波乱の芽
第75回 見通し甘い「苦肉の策」。年金財政検証の落とし穴
第74回 診療報酬改定後の訪問診療撤退で深まる矛盾
第73回 「持ち株会社形式」新型医療法人の多難な前途
第72回 「アベノミクス」で虎の子老後資金の危機
第71回 「有床診」めぐる攻防は「悪くない結果」
第70回 使途は地方医師会の裁量次第の「横倉基金」
第69回 「40兆円」目前で「混合診療」へ検討始まる

Return Top