SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

未来の会

経 営

Category
眼科疾患をスクリーニングするAI
67

眼科疾患をスクリーニングするAI

産学連携で開発、眼科医少ないミャンマーでも貢献 医師不足や医師の地域偏在が社会問題化する一方で、超高齢化で眼科...
医師の働き方も変える「医療のICT化」
131

医師の働き方も変える「医療のICT化」

オンライン診療以外にも種々の項目が算定対象に 2018年4月の診療報酬改定は、6年ぶりの介護報酬との同時改定と...
医療事故で患者と医療者の溝作る損保会社
165

医療事故で患者と医療者の溝作る損保会社

病院側の情報開示と患者とのコミュニケーションも重要 医療訴訟の件数は2004年の1089件がピークで、現在は年...
医療事故を起こした医療者をどうケアするか
166

医療事故を起こした医療者をどうケアするか

患者・家族、医療者、弁護士らがサポート団体を設立 医療事故によって傷ついた患者・家族へのケア、そして医療事故を...
「都立病院」の経営問題を考える
314

「都立病院」の経営問題を考える

病院経営委員会は「直営方式は非効率」と独法化を提言 慢性的な赤字を続けてきた東京都立病院も、いよいよ改革のメス...
診療所「看護職員不足」の現状と対策
206

診療所「看護職員不足」の現状と対策

有料職業紹介所の問題点も顕在化 より良い医療を提供するためには看護職員の力が不可欠である。しかし、看護職員が全...
病院サバイバル時代の「人材育成」
275

病院サバイバル時代の「人材育成」

大学・大学病院で広がりつつある経営人材育成の機能強化 総務省は2018年1月、「地域医療の確保と公立病院改革の...
中外製薬の抗がん剤臨床試験で「利益相反」
443

中外製薬の抗がん剤臨床試験で「利益相反」

新専門医制度や日本専門医機構の問題点も浮上 医療関係者らが発起人となって組織している「現場からの医療改革推進協...
厚労省医務技監が日本の医療を展望
332

厚労省医務技監が日本の医療を展望

アウトカム評価、人員配置、プレシジョン・メディシン、ICT…… 2018年度は医療・介護施策の節目の年。6年に...
「共同購買」で医療コスト削減
476

「共同購買」で医療コスト削減

米国の場合、削減効果は年間4・5兆円 超高齢時代の到来で、医療費抑制が必須であるのに加え、医療制度改革、消費税...
「全人歯科治療」で心身の病気を予防・治療
438

「全人歯科治療」で心身の病気を予防・治療

設立36年の「良い歯の会」が東京で啓発活動  「歯こそ心身の健康の源」である。そう主張し続けるのは、医療法人社...
KNIがAIを活用して病院経営改革
365

KNIがAIを活用して病院経営改革

「不穏検知」や「退院支援」で有用性を実証  少子高齢化が進むことで、医療における財源不足と人材不足は、今後ます...
「遠隔医療」が変える医療現場
387

「遠隔医療」が変える医療現場

2018年度診療報酬改定が普及を後押しする 2018 年度診療報酬改定までのカウントダウンが始まった。遠隔診療...
薬価算定プロセスは「ブラックボックス」
472

薬価算定プロセスは「ブラックボックス」

「薬価算定組織」はメンバー非公表、議事録は作らず 小野薬品工業の抗がん剤「オプジーボ」で浮上した高額薬価問題。...
保団連が診療報酬・介護報酬改定で要望
464

保団連が診療報酬・介護報酬改定で要望

「診療報酬の引き上げ」と「患者負担の大幅軽減」 2018年度の診療報酬・介護報酬改定に向けた議論が本格化する中...
急増する「医療・福祉事業」の倒産
862

急増する「医療・福祉事業」の倒産

このままでは介護保険法施行以降で最多になる見込み 急速な人口の高齢化で成長産業と目される「医療、福祉事業」だが...
目的が混在する「地域医療構想」の課題
507

目的が混在する「地域医療構想」の課題

「病床削減による医療費適正化」と「切れ目のない医療提供体制の構築」 医療提供体制改革の核である「地域医療構想」...
「遠隔医療」の現状と今後の展望
583

「遠隔医療」の現状と今後の展望

医療現場での活用から企業の最新サービスの中身まで 医師不足・偏在の下でも離島や僻地で診療可能、重症化予防・医療...
病院の「建て替え」で考慮すべきこと
427

病院の「建て替え」で考慮すべきこと

様々な制約の下で機能、建物、財務のバランスを取る 医療機関においては、30〜40年に一度、自施設の建て替え時期...
Return Top