SHUCHU PUBLISHING

病院経営者のための会員制情報紙/集中出版株式会社

分科会第2回

最終回 ●●●●●●●

最終回 ●●●●●●●

 連載は今回が最後である。これまでお付き合いいただいた方々には深く感謝する。

 ●●●●●●●法が施行されることとなった。新しい●法も発布される。

 第一条第一項は「総理大臣の妻は私人である」なのだろう。

 これからはひたすら権力に逆らってはいけない。

 何がどう●●されて●●されるか分からない。

 これからは何も言わない、何もしない、何も感じない、政権の印象操作にしっかりと流されながら、人生を過ごすべきだ。

 とにかく●●●●の●●が●●化し、●の●●的運用が●●する(もともと、そんなものは●●だったが)。

 それにしても●●新聞が「●●●が●●●系飲食店に出入りしていたとの記事を有能な社●記者諸兄姉に取材させて、記者会見の直前に●●し、そのせいでもないのだろうが、●●軍が13連敗するなど、とかくこの●の世情が浮き足立っている。

 何故だろう? 何をそんなに焦っているのだろう? 何か理由があるのではないか?

 多くの国民がペットの病気に困惑し、泣き崩れ、それが国民経済に悪影響を及ぼしているとは到底思えないのだが、あれやこれやと、どうしてそんなに焦るのか? ここまで来ると、そんな疑問が湧き出てくる。

 とある理論経済学者や元官僚、もと●●銀行アナリスト(●●総研)の方と、ある機会にそんな話になった。

 「2020年前後に財政破綻が来るでしょう。確実に。その時、●●はハイパーインフレで借金チャラをやるんでしょうが、権力強化はその布石なんですよ。暴徒鎮圧のための」

 「それに●●●●合衆国の立ち位置が大きく変わった。というか、突然に掴みどころのないものになってしまった。飼い主を失ったイヌのように右往左往しているんでしょう」

 いろいろ好き勝手な意見を聞かされたが、そういう事情も成り行き上、致し方ないのかもしれない。つまり、現実味のある話に聞こえた。

 だが、基本的にこの世はいい人で満たされている、と私は思っている。

 一方で、

 「弱者が恐怖に怯え、集まって、悪事を働く」

〜悪霊

 というドストエフスキーの言葉も真実だろう。

 世の中はいい人で満たされているが、皆弱い人でもある。

 「未来に何の希望も持てない」

 そんな人達が昨今どんどん増えている。

 弱い人達は権力の言いなりに動き、そこには恥も外聞もない。

 「おかしいなぁ? 本当なのかなぁ?」

 という疑問すら感じない。

 そして重要なことは、弱い人間が権力を握った時のことだ。

 必ず惨劇が起こる。そんな事例をいっぱい見てきた。

 ふさわしくない人が権力の座に着くと、結末として本人とても甚大な悲劇を招く。

 さて、強い人間はいる。

 誠実で信念があり、行動する。その誠実さ、公正さ、信念こそintegrityだ。

 彼は時に身の危険を感じても動じず、潔く戦う。

 本当に強い人間がこれから各分野で出没することを期待する。

 そして、無関心な大衆の心を動かすことを。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top